太陽光で色焼けが起きるメカニズム

長い期間、紫外線光をあびていると日に焼けるのは、沢山の人が分かっているのです。日焼けしてしまう元である紫外線光というものは、一体どんなものなのか。

UVとは、太陽の光のひとつであり、波長によりA波紫外線・B波・C波紫外線と大きく3つに分ける事が可能なんです。ガラス窓のような透き通った物では、UVA波をさえぎる事が難しく、肌へ届くのです。ガラス越しに太陽光を浴びていた時や、自動車の運転をしてた場合も、UVA波は届いてしまうので色焼けしちゃいます。

いっぽう、太陽光B波というのはオゾン層で遮断出来る為、雲がかかっている日や、雨が降っている日減少します。天候により照射量が変わっているUVの量というのは、此のUVb波なのです。

UVC波が日焼けしちゃう事に関わりはないんです。なぜかというと、太陽光C波は雲を出られないからです。

A波というのは、ガラスを通過することが出来るため、皮膚の奥の真皮に通るのですが、有毒性でいうならB波程ではないといいます。

お肌の日焼けのことを考えたら、室内で紫外線光をうけてしまうので、常に対策を取る必要のある紫外線なんです。皮膚の色は褐色になることだけが、日焼けの作用ではじゃありません。シミやくすみが出来るし、肌のたるみや肌の老化の要因にもなるものです。

太陽光でサンバーンをしてしまうというのは、肌を防ぐためにメラニンを上昇させる、防御策です。褐色に焼けた皮膚は健康な印象を人にあたえますが、美容という点から見るとお肌にとってはいいことではない為、その対処がだいじなんです。